社会保険労務士の仕事とは

Wikiによると “労働関連法令や社会保障法令に基づく申請書・届出書・報告書・審査請求書・異議申立書等の書類作成代行等を行い、また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う仕事” とあります。

わかりやすく言うと以下の5つに分けられると思います。

① 年金相談・請求手続き

② 職場の悩み相談:総合労働相談所

③ 職場のトラブル:個別労働関係紛争の解決

④ 複雑な労働社会保険の手続きの悩み:労働社会保険手続の代行

⑤ 職場の生産性を高める:人事労務管理のコンサルティング

これらに共通する事としてすべてに「人」が大きくかかわっています。なので社会保険労務士の仕事とは労働者から老後の人まで、失業・労働災害の悩みや老後の生活の悩みなど全ての人が健康で悩みなく過せるように法律の知識を持ち、守る仕事だといえるでしょう。